HOME>特集>クライアントからの要求が高いほど、自分が成長できる仕事

コーディングなどの技術は前提

webデザイナーになるには、専門学校に通うにしろ独学で学ぶにしろHTML、CSSなどを使ってwebサイトを作成できるスキルが必要です。しかし、それらのスキルを修得することはwebデザイナーになるための前提条件です。なぜなら、webデザイナーの仕事はHTMLやCSSをコーディングするだけの単純作業ではなく、作成するサイトの目的や用途を理解してそれを閲覧するユーザーが利用しやすいものを作ることだからです。さらにサイトに使用するイラストや写真などの作成・加工技術に関しても任される職場もあり、求められるスキルのレベルは高くなっている傾向にあります。

求められる多角的な視点

一口に、サイトを閲覧するユーザーのことを考えて作ると言っても、そこにはさまざまな視点が存在します。ネットに公開されている商用サイトなら、サービスを利用する側の利便性と提供する企業の意図を汲み取る必要があります。社内の業務用サイトなら、利用する社員の使い勝手やセキュリティー面の検討が必要です。webデザイナーになるには、1方向だけではない多角的な見方や考え方が必要となります。

スキルを超えて要求されるもの

webサイトにはわかり易く使い易いという要素以外に、クライアントごとにさらに考慮すべき事柄があります。たとえば、ネットショッピングやネットバンクの場合は操作性やセキュリティーが重視されます。しかし、どんなサイトでもそれで十分ではありません。化粧品や洋服メーカーのwebデザイナーになるには、その商品のイメージをどう演出するかといったセンスも求められます。コーディング技術だけでは解決できないことです。

創意工夫が好きな人にはやり甲斐ある職種

概して、物を作るという仕事には根気よさや忍耐力が求められます。webデザイナーになるには、そうした我慢強さも必要で、それは主にクライアントからの修正依頼や計画変更が激しい場合に要求されます。しかし、そうした修正作業もより良いサイトを作るためには必要な過程です。何より、手を動かした分だけ自分のスキルアップにつながります。サイトを使うユーザーのために、常に創意工夫を惜しまない人には適した職種です。